わわんのベビ待ち治療記録

閲覧ありがとうございます。35歳妊活記録です。記録メインなのでコメント機能はつけませんすみません。

体外受精覚書き②【採卵日当日】

 

今思い返せば体外受精の中で採卵日が一番楽でした。

 

前日の21時から絶食、前日の0時から絶飲。水も飲むなとの事。

(どうでもいいけど絶飲って変換されないのですが変な言葉なのかな?)

胃の中すっからかん!

そのまま朝病院へ直行し受付→全裸の上に検査着一枚羽織った姿へ。

水分補給の点滴を打たれたまま限界まで尿を絞り出し施術を待ちます。

 

私が行っている病院では採卵時の麻酔が三種類あります。

 

①座薬で麻酔(採卵数10個以内)【1000円くらい】

②点滴で麻酔(採卵数20個以内)【1万円くらい】

③意識がなくなる系麻酔(採卵数20個以上)【2万円くらい】

 

お金節約したいし、いちおう事前に渡された説明DVDでは患者さんが選択することもできます!みたいな話だったのに、お医者さんと相談することなく全身麻酔一択でいきましょう★という流れにorz

 

まーいーけどさー。全身麻酔初体験で楽しそうだから。

 

手術台の上まで歩行で移動し、婦人科特有のいつもの足開き体勢で待機。

看護師さんたちが小走り気味になりつつ手際よく準備していきます。

彼女たち、結構談笑しながらだったのでこちらもリラックスできます^^

 

先生が隣の部屋にいらっしゃり、口の上からガスが出るようなアレを被せられ、

「あれ?これ本当にちゃんと意識飛ぶんかな?」

と疑心暗鬼になりつつも、3秒後には本当に意識消えてましたw

 

「……わわんさーん、気が付きましたかー?^^」

 

はっ!!!( ゚д゚ )

 

起きたらすべて終わってました麻酔すげぇ!

 

麻酔の後は意識が朦朧として歩行が不安定だったり人によっては出血があったりちゃんと尿が出ないとかまれにあるらしいですが、なんともなく、むしろスッキリ爽快感!

卵子もなぜか16個無事に取れ、あっさりと終わった感じでした。

余裕すぎて看護師さんへ「て●やの小天丼食いたい……」と愚痴る始末。

看護師さんたちに苦笑されながら薬貰ってがっつり食べて帰宅しました。

 

採卵に関しては問題の起きる体質でなくてよかったです。

感謝感謝。

 

あ。強いてマイナス面をあげるならあれだ。

 

麻酔で一番怖かったのは、起きた時思いっきり上向いて口開いていたので、

いびきかきまくっていたんじゃね?;っていう焦りです。。。

いや、そればっかりはどうしようもないんだけどね。。